英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。
イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。
KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.
キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウド体験レッスン(親子・小学生、小中学生クラス)
0
    ■内容
    キッズブックス英語スクールに興味がある方に、通常のリードアラウドのレッスンを体験いただけます。
    英語の勉強ではなく、リードアラウド式の朗読や、リーダーズシアター(朗読劇)で英語絵本を楽しむスクールです。
    表現力・プレゼン力・コミュニケーション能力の育成に力を入れています。
    2学期からの入会をご希望のみなさん、ぜひこの機会に、絵本リードアラウド体験レッスンへご参加ください。
    また、英語教育に関して保護者の皆さんが疑問や不安に感じていることもご相談ください。

    体験レッスンやスクールについて分からないことがありましたら、お気軽にお尋ねください。

    ■クラスと時間
    親子クラス(3〜7歳&保護者)………14:00〜15:10
    小学生クラス(7〜12歳)……………………15:00〜16:10
    小中学生クラス(9〜15歳)……………………16:15〜18:00

    ■体験レッスンの日程
     9/27、10/18……親子・小学生クラス
     9/13、11/8……小中学生クラス
    ※レッスン日の1週間前までにお申し込みください
    ※体験レッスンへの参加は1組様1度限りとさせていただきます

    ■料金:教材絵本代1,000円
    ■定員:各4組
    ■参加資格:
    ○親子・小学生クラス(4歳〜)……[参加に必要な英語力]アルファベットが読める
    ○小中学生クラス(9歳〜)……[参加に必要な英語力]小学生の場合は英語塾1年以上
    ■場所:キッズブックス英語スクール二子玉川校(東急二子玉川駅下車、徒歩6分)
    ■お申し込み:
    キッズブックスWebサイトから
    | | 英語学習・英語教育 | 18:12 | comments(0) | - |
    キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウド特別体験レッスン(親子・小学生クラス、小中学生クラス)
    0
      ■内容
      キッズブックス英語スクールに興味がある方に、普段のレッスンと同様のリードアラウドを体験いただけます。
      英語の勉強ではなく、リードアラウド式の朗読や、リーダーズシアター(朗読劇)で英語絵本を楽しむスクールです。
      表現力・プレゼン力・コミュニケーション能力の育成に力を入れています。
      2学期からの入会をご希望のみなさん、ぜひこの機会に、絵本リードアラウド特別体験レッスンへご参加ください。
      また、英語教育に関して保護者の皆さんが疑問や不安に感じていることもご相談ください。

      体験レッスンやスクールについて分からないことがありましたら、お気軽にお尋ねください。

      ■クラスと時間
      ○親子・小学生クラス(4歳〜)……15:00〜15:45
      [参加に必要な英語力]アルファベットが読める
      ○小中学生クラス(9歳〜)……16:00〜16:45
      [参加に必要な英語力]英語塾1年以上(小学生)

      ■日程:8/30(土)
      ■料金:教材絵本代1,000円
      ■定員:各4組
      ■場所:キッズブックス英語スクール二子玉川校(東急二子玉川駅下車、徒歩6分)
      ■お申し込み:
      キッズブックスWebサイトから
      | | 英語学習・英語教育 | 14:43 | comments(0) | - |
      「5年生用の靴」がないように、「5年生用の本」もない。学年ではなくレクサイルで探すぴったりの本
      0
         「5年生用の靴を下さい」といって靴屋に行く親はいなくとも、「5年生用の本を下さい」と本屋に行く親は多い。でも本も、靴と同じく、「サイズ」をいわないことには、ピッタリのものがすぐにみつからない。

         靴の「サイズ」とは、scale、尺度のことである。そして「24.5センチ」とかいうときの「センチ」は、unit、つまり単位だ。わたしが英語の本を紹介するとき、またキッズブックスのブッククラブのレベル分けをするときは、Lexile frameworkと呼ばれる尺度を使って、その本の難易度を示す。そのときの単位が「L」、レクサイルである。つまり、
        「サイズ」=Lexile framework
        「センチ」=L(レクサイル)
        ということ。

         同じ5年生でも、靴のサイズが18センチだったり、24センチだったりするように、ネイティブの5年生の子の本を楽しんで読める力、レクサイル尺度が560Lの子も、1030Lの子もいる。24センチの靴は、足が18センチの子にはブカブカなのと同じで、560L(Sarah, Plain and Tall
        『Sarah, Plain and Tall』
        )の子が1030LのハリーポッターHarry Potter and the Half-Blood Prince (Book 6)
        『Harry Potter and the Half-Blood Prince (Book 6)』
        を読んだのでは「頭にブカブカ」、ピンとこないだろう。

         ピッタリの靴をはいてこそ、疲れずに歩け、かけっこもできる。同様に、適した難易度の本を読ませてあげてこそ、意味がわかり、おもしろくなってどんどん進んで読むようにもなるというわけだ。

         
        | | 英語学習・英語教育 | 07:43 | comments(0) | - |
        公立小学校の英語、渋谷区の場合
        0
           渋谷区のある小学校の評議委員なるものをやらせて頂いている。その小学校の校長先生が、わたしが以前主宰していた英会話教室の生徒さんだったのが、ご縁。学校公開日などに呼ばれて、授業を参観し、給食を頂きながら気付いた点を発言するのが、その役目である。

           この土曜日は、そうした公開日だったので、出かけて来た。
           あ〜あ。英語の授業は、授業じゃなくゲーム。いつまでもゲーム。そしていつもうるさいので、先生も生徒も大声で叫び合う「会話」だ。がなっている。そして、ゆっくり、ゆっくり、不自然なゆっくりさで先生は英語を言い、生徒のまちがった発音も直さない。日本語で答えても、先生はネイティブスピーカーなのに、それを理解してあげてしまう。わたしがたまりかねて、発音について「ひどくないですか?」とその先生に言ったら、"Close enough. " (いいんじゃない?)と。人の良さそうなアメリカの青年先生は言った。何も考えていない。

           区の学校は、英会話学校にこの「授業」を丸投げしていて、意見をはさむでもない。わたしも、自分のリードアラウドのとき、「楽しさ」をモットーにしているが、それは知的好奇心を満たす「楽しさ」が半分以上のつもり。5、6年生だったら、幼稚なゲームをして、幼児扱いされ、普段の会話的ではない叫び合う、おまけに一語で成り立っているような単純な会話だけじゃ、「やってらんない」と思うだろう。

           英語教育の方針を持って欲しいな、教育委員会、文科省、親のみなさん。なってほしい姿、生徒たちの未来のあるべき姿を思い描いて、そうするには何をどうしたらよいか。週に数時間しかない英語の授業でも、無駄にできない。ああ、どうにかしてくださいよ。討議の場を作り、識者に意見を聞き、かっちりとカリキュラム作って、もっと意味のある英語の授業にしなきゃ。ああ、時間がもったいない!
          | | 英語学習・英語教育 | 19:03 | comments(0) | - |
          英語オーディオブックは本と一緒に:その3 何を聴いたらいいの?
          0
            Qどんなものを選べばいいでしょうか

            A 自分が読みたいなと思ったものが一番。とはいえ、急に『アンナ・カレーニア』(案外アメリカでは今、売れているらしい)では、長過ぎますし、並の想像力ではカバーしきれない時代的背景もあります。でも、「家庭教師」付きなので、本を選ぶときよりちょっと上のレベルに挑戦してもいいでしょう。

             また、アメリカ英語に慣れている場合、イギリス英語の聞き取りが難しいこともあります。普通は原作者の英語に合わせて朗読者を選んであるので、原作がアメリカのものならアメリカ英語です。また、イギリス英語に慣れるため、あえてイギリス原作のものを選ぶという考え方もあります。

             それから、オールスターキャストでせりふが多いものは、リスニングの難易度が高く、本のレベルより少し上級者向けと考えた方がいいでしょう。それに対して、朗読者がひとりのものは、だんだんその朗読者の読み方に慣れてくるので、聞き取りやすく感じるでしょう。

            Q オバマの著書をオバマが朗読していたり、クリントンが自著を朗読していたり、有名俳優が朗読していたりなど、誰が朗読しているかというおもしろさもありますよね。
            The Audacity of Hope: Thoughts on R the American DreamThe Audacity of Hope: Thoughts on Reclaiming the American Dream
            My LifeMy Life

            A 著者自身の朗読は善し悪し。あたりはずれがあるかも知れません。声優(俳優)の朗読は、一応、「品質」が保証されています。『Harry Potter』などは両方あります。両方ある場合、個人的には安全をとって声優の方を選びます。
            Harry Potter and the Sorcerer's Stone (Book 1 CD)Harry Potter and the Philosopher's Stone (US)

            [本プラスCDおすすめ]
            作者が読んだCharlotte's Web
            Charlotte's Web
            『Charlotte's Web』

            Charlotte's Web (Trophy Newbery)
            『Charlotte's Web (Trophy Newbery)』


            イギリス英語Roald Dahl
            Revolting Rhymes & Dirty Beasts & CD セット
            『Revolting Rhymes & Dirty Beasts & CD セット』


            有名俳優(Robin Williams)によるホラ話
            Pecos Bill
            『Pecos Bill』
            | | 英語学習・英語教育 | 20:49 | comments(0) | - |
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>
            + PR
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE