英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。
イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。
KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.
キッズブックス・ブッククラブが採用しているレクサイル指数とは
0
     「リードアラウドから多読へ」会員の英語力を伸ばすキッズブックスのブッククラブ、そろそろ来年の準備をしなければならない。アメリカ中心にさらに出版社などで採用が広がっていることもあり、レクサイル指数が今の時点では、人と本の英語レベルを客観的に計る基準として適当だと判断している。というわけで、わがブッククラブもレベル分けの基準に採用し続ける。そのレクサイル指数についてちょっとここで復習……。

    「レクサイル」とは、英語圏で現在もっとも広く使われている読書指導の客観的めやす。「本の難易度」と「読む人の読書力」を示す指数である。
     「本の難易度」は、例えばA.ロベールの「がまくんとかえるくん」シリーズFrog and Toad Are Friends
    Frog and Toad Are Friends』で400L、ハリーポッターシリーズは880Lから1030L、文学の金字塔J.ジョイスの『ユリシーズ』が1360Lといった具合。数が大きいほど難しい。すべての本の「L」が公表されているわけではないが、レクサイルのサイトの「Book Search」で検索すれば、児童書ならかなりの頻度で、L指数がわかる。
     「読む人の読書力」は、日本でもインター校の生徒なら、定期的に受ける標準テストの結果とともに、「読書力は880L」などと通知される。一般の日本人の場合は、さしあたり「読めた(=理解できた)」と感じた本のL指数を、自分のLとしたらどうだろう。
     自分と本のL指数をマッチさせれば、少なくともその本を「75%理解し、読書を楽しめる」めやすになるという。ただし注意したいのは、L指数が示すのは、文章の難しさであって内容ではないこと。もし自分にとって興味ある内容であったり、短いものなら、少しくらいL指数が上でもいいはず。「理解力」のL、「スタミナ」の頁数、「興味」の内容、をにらみながら、そして大島英美他スタッフがひとりでも多くの助けになるよう、渾身(!)の力で書いているブッククラブの解説を多いに利用して、洋書読書へのチャレンジをしてみよう。

    新入会、おためし入会受付中!
    | | ブッククラブ | 19:03 | comments(0) | - |
    『Bob Books』から始めて、英語が読めるようになりそう
    0
       先々週は、こんな景色を見ていて、夢のようだったが……。
      South China Sea
       先週末は、我がブッククラブの解説を書くという現実的時間を過ごした。『毎日新聞』の6月25日付記事で紹介されて以来、
       Bob Books Set 1 : Beginning Readers Level 1-4 + CD
      『Bob Books Set 1 : Beginning Readers Level 1-4 + CD』
      が(おおげさに言えば)飛ぶように売れていることもあり、今月のAコース(入門コース)で配本予定の『Bob Books』第2巻の解説を書き始めた。

       解説の中で特に力を入れているのは、「音読のてびき」である。AコースはOral Readingを重視し、音声CD付きの本を選書している。しかし、ただCDを聞いていても、声優がスラスラ読んであっと言う間に終わってしまう。そこに「ちょい待った」と割り込んで、声優の技を使えるようにするのが「音読のてびき」だ。ただの棒読みは、わたしの提唱するリードアラウドの望むところではない。感情を込めてスラスラ読んで(=Fluent reading)欲しいのだ。もちろん、スラスラ読むためには、内容が理解できないといけない。「スラスラ読める」=「内容がわかる」という等式が成り立ちそうである。

      『Bob Books』付属のCDには、各エピソードそれぞれ2種類の読み方が入っている。最初はsound out、つまり読み方の法則(フォニックス)にそって、新出単語に注意を喚起させつつ、全文をゆっくり読んでいる。意味を考えず、一語一語区切る読み方だ。その後にもうひとつのスラスラ読みが続く。
       英語を学び始めたばかりの日本人には、このふたつの間にギャップがある。ほとんどの場合、一語一語sound outできたらメデタシメデタシになってしまう。そこからもう一歩、スラスラ読みまで進んで欲しいのだ。

       直接指導できない代りに、時間をかけて解説を作っている。先週末に『Bob Books』が終わって、あともう1冊! 2冊の絵本を会員に届けるAコースの解説は、それで終わり……フッ〜。
      | | ブッククラブ | 23:43 | comments(0) | - |
      キッズブックス・ブッククラブ2008年春アップデート!
      0
         始めてから約5年の、キッズブックス・ブッククラブ。何度かアップデートして来たが、この春、またてこ入れ。

        「ABCからハリー・ポッターまで」の英語を読む力をつける読書プログラムを、「Reading Achievement Program(略RAP:仮称)」として、体系化をはかった。読書プログラムに則った本を毎月届けるブッククラブという位置づけをする。
         毎月の会費は変わらず3,000円だが、一括払いの割引を導入する。実質値下げになる(金額などは後日発表)。負担が軽くなることで、会員の皆さんに継続の決心をかたくしていただけるのではないだろうか。

         パンフレットは現在編集中。だがコースは決まった。

        1)AからGまで全7コース

        2)2008年4月配本から新コース名になる(※●がこの春スタート)
           Aコース(旧レベル1)2008/4から ●
           Bコース       2009/4から
           Cコース(旧レベル2)2008/4から ●
           Dコース(旧レベル3)2008/4から ●
           Eコース       2009/4から
           Fコース       2010/4から
           Gコース(旧レベル4)2008/4から ●
         現会員には、コースの名前が変わって不便をおかけするが、内容がより体系的になることでお許しを。(2コースをまたがっての選択がなくなる代わりに、1年でコースを変えることができる。「進級」または「乗り換え」)

        3)F・Gコース以外のすべてのコースで音読を取り入れる
           A〜Cコースは「リードアラウド」を重視。毎月CD1枚
           D・EコースはCDを聞きながら声に出して読むスタイルをとる。隔月CD1枚
           F・Gコースは本3冊/月で変わらず。ただし、その中の1冊は読みやすいグラフィック的なもの

        4)コース分けには客観的指標であるレクサイル指数(0-1100L)と英語圏の学年レベルを参照
         Aから始めて、理想的には7年で『ハリー・ポッター』が読めるまでになれるよう、なだらかなレベル変化のある選書をする。

        5)解説の充実
         語彙の手引きの見出し語を40コまで増やし、読書の助けにする。音読のてびきなども、意味の理解と表現に役立たせる。

        6)会員特典!
           学習の基礎として、アメリカの標準小学生教科書につかわれる句を頻度順に選んだ300句を3セット(1.First 100、2.Second 100、3.Third 100)にリストアップ。会員がいつでも聞けるようオリジナル音声にする。これで「足もと」も固まるのでは。英語教室の先生をされている会員の方にも、便利なツールになればと思う。

        7)クラス採用の場合にさらに特典
           複数(6人以上)の生徒とひとりの教師がクラブメンバーになれば、先生分の教材を限りなく無料に近くしていく。(詳細は要相談)

         さあ、これからパンフレット作り。その際に内容に多少の調整が入るが、概要は以上のとおり。
        ひとりでも多くの人に「このクラブで英語力がついた」と言われるよう、しっかりやっていきたい。
        | | ブッククラブ | 16:25 | comments(0) | - |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE