英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。
イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。
KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.
年末といえば「第九」、ではなくこちらは「運命」。今年も命拾い……
0
     今年の12月は、本当に「師走」だった。初旬の1週間は、通訳の仕事でアメリカ、ポートランド出張。帰国後、立て続けにリードアラウド、2回。原稿、だだだだ〜と数本。打ち合わせ3回、沼津でブックフェア。今、週末でほっと一息ついた。

     実は、今回のアメリカ行きの飛行機で、落雷にあった。一応「航空機事故」だ。わたしの座っていた席の窓から、「火の玉」が入って銃声のような音がして、わたしの心臓は破裂しそうだった。すぐに機内放送も入らず、何が起こったか分からない。機内はシーンとして、覚悟を決めた人々の張りつめた空気が漂ったようだった……。わたしは、遺書を書く手帳に手をかけた。でも、「火の玉」の正体は雷さまで、それが機内にお入りになったのだ、ということが、長ーい10分後に分かった。

     何かに引火していたら、「成田沖墜落事故」になっていたかも知れない。……これで、何度目の命拾いだろう。
     そこで、これまで命を落としそうになったときを挙げてみる。

    1.お風呂に落下、溺死寸前(小学生) 2.巨岩が目の前に落ちてきたネパールでの崖崩れ 3.アフガニスタンで肝炎 4.ガン 5.航空機落雷事故
    ちょっと数えたら、5回ある。ネコには9 Lives という言葉があって、9つの命があるらしい。わたしは、命を落として生まれ変わっているわけではないが、なんだか根拠なく、一生で9回くらい危ない目に会うのかとも思う。次はいったい何だ……。

     
    | | 大島英美ポートランドだより | 18:13 | comments(0) | - |
    今回のポートランドみやげ
    0
       2008年晩秋のポートランド土産は、ぜったいこれでしょう?

       ポートランドは、欧州系移民の多い街で、「外人」なのに英語がへたな人がいて、最初は面食らうかもしれない。多くは、旧ソ連だった国からの人々で、古くは20世紀初頭にサケ漁のプロとしてウクライナなどから入った移民もいる。古い移民からあたらしい移民までいるこの街には、そのせいでロシアや東欧系の文化がところどころで見られる。

       マトリョーシカなどロシア、東欧系の雑貨を売る店が、街の中心パイオニアスクエアにある。そのショーウインドーで見つけた新製品が、この「限定民主党大統領マトリョーシカ」。
      まだ、欧州アクセントが強い店主らしき女性の説明によると、今までは大統領を順に人形にしたマトリョーシカだったが、「モダン版で、こうして民主党だけのが出来ました。でも共和党の大統領だけのもあるわ」と、ブッシュが一番上にくるのも見せてくれた。

       「でも、売れるのは民主党のでしょう?」とわたし。「……」無言で、わたしの顔を見て、安心したように「はい、正直言ってそう。わたしたちは……、ブッシュはいらないもの」。

       50ドル、と安くはないが、熱かった2008年の選挙戦の思い出に、と購入した。

       ちなみに、人形上から、オバマ、クリントン、カーター、ジョンソン、ケネディ。
      Yes We Can: A Biography of Barack Obama
      | | 大島英美ポートランドだより | 07:24 | comments(0) | - |
      2008冬のアメリカ
      0
         不景気である。雨が多いとはいえ「死ぬほど寒い」ことのない、この西海岸の街ポートランドには、いつも以上に野宿の人たちがいる。夏は、無銭旅行中のパンクな若者が目立っていたが、今、2008年12月は中年が目立つ。ダウンタウンでは、Spare some changes? そこら中から聞こえる。食料品店や、レストラン、カフェから出て来ると声をかけられることが多い。罪悪感に訴えているのか。

         アメリカの不景気は、9月に始まった。この街のメジャーな銀行も1行破綻したが、どこかの傘下に入ったようだ。大銀行も国の援助を増やしてもらい、保護される預金額を増やしたので今は小康状態。でも街の商店ではクリスマスの稼ぎ時なのに、早々とセールだ。すでに割り引いてあるものを、さらに40%オフセールまでやっていた。日本からの人間には、1ドルが94円換算だと、ますます物価が安く感じる。

         今回は、Powell'sのWEBセンターで通訳の仕事である。たった1週間の滞在なのであまり街を見られたわけではない。それでも、食事は特に今回のように「食い道楽」のクライアントさまとの場合、欠かせない。そしてご一緒したレストランは、ひとりあたり100ドルかかるところだったりするが、繁盛していた。やはり、貧富の差が大きくなり2極化しているのかもしれない……。

         
        | | 大島英美ポートランドだより | 05:56 | comments(0) | - |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE